太陽光パネル設置に適した屋根 その形状や方位と設置角度

サイトマップ

TOP >太陽光パネル設置に適した屋根

太陽光パネル設置に適した屋根は南向きで30°が理想的


東西切妻屋根

太陽光パネル 切妻屋根1

東から西に渡り、大棟がある東西切妻屋根です。北側の屋根には太陽光パネルは乗せれませんが、一番発電効率の良い南側に太陽光パネルをたくさん配置できるので太陽光発電に適した屋根です。

南北切妻屋根

太陽光パネル 切妻屋根2

南から北に渡り、大棟がある南北切妻です。このタイプは東側と西側の両方に太陽光パネルを設置することができます。発電効率は南側設置を100%とした場合、東側と西側設置では約80%です。

東西寄棟屋根

太陽光パネル 寄棟1

寄棟は大棟に向かって縮んでいく分、屋根面積が小さくなり、太陽光パネルの設置できる枚数も少なくなります。また、三角面の屋根が極端に小さいタイプの屋根には面積的に設置はできません。

南北寄棟屋根

太陽光パネル 寄棟2

これも図Bの南北切妻屋根と同様に東側と西側の大きめの屋根の両方に太陽光パネルを設置することができます。ですから、図Cの東西寄棟屋根よりも、いくぶん多くの太陽光パネルを設置できます。

方流れ・陸屋根 南向き

太陽光パネル 方流れ・陸屋根

一定方向だけに傾斜のある屋根です。このタイプは1枚の屋根面積が大きいので太陽光パネル設置に最適な屋根です。特に屋根面が南側に向いていれば最高の設置条件です!また、陸屋根には架台を取り付けて理想な角度をつけます。

方流れ 東または西向き

太陽光パネル 方流れ2

図の例えは東側への流れですが、西側へ流れのある屋根も同じです。南向きよりは効率が落ちますが、大きな面積を確保できますので好条件です。1階と2階で流れの違うお宅もありますが、北側以外はパネルを設置することができます。

まとめ
方位は真南!傾斜角度は30が理想的!

太陽光パネル屋根の傾斜角は30°が理想

太陽光パネルを設置する屋根の方向は真南がもっとも高効率で、理想的な屋根の傾斜角度は30°前後です!

北面の屋根には太陽光パネル設置はお奨めできません。東向きと西向きの屋根では発電効率は80%になりますが、両方の屋根にフルに太陽光パネルを設置することができます。

屋根の傾斜角に対する年間平均日射量比
屋根の傾斜角度 10° 20° 30° 40° 50°
年平均日射量比 89% 94% 98% 100% 99% 96%

*比率は設置地域によって違います。表の例は東京地区の場合です。


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。