太陽光発電の売電は10kwを境に固定買取価格制度に違いあり

サイトマップ

TOP >太陽光売電 住宅用と産業用の違い

余剰電力買取制度と全量買取制度の売電価格と年数の違い


太陽光発電の住宅用と産業用の違いを理解しましょう
太陽光発電はこれまで大きく、住宅用と産業用に分けられていました。しかし、2012年7月に新制度の固定価格買取制度である全量買取制度ができてから、住宅用と産業用という表現がなくなり、その区分けと制度の違いがわかりづらくなっています。
そこでこのサイトでは、その違いを一般向けにザックリ簡潔に説明します。何をもって分けているかと言いますと、それはズバリ最大出力です。ここではシステム出力10kw未満が一般的な住宅向けで、10kw以上が産業向けと考えましょう。どちらも独自の固定価格買取制度が用意されています。

住宅向けの特徴(10kw未満)節電意識タイプ
ほとんどの住宅がこれに当てはまるかと思います。資源エネルギー庁もこの区分を一般住宅向けとしています。ごく普通の住宅の屋根に乗せれるパネルのマックスは、面積的にだいたい4kw前後ではないでしょうか。そして10kw未満システムの最大の特徴は、国から住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金がでます。
さらに都道府県と市町村でもそれぞれ補助金がでます。しかし都道府県と市町村に関してはところにより額面に違いがあったり、補助金制度自体が無い場合もありますから要チェックです。詳細は当サイトの平成25年度地域別補助金を参照してくださいね。
そしてこのシステムの基本は、昼間は発電した電力を使い、余った余剰電力を電力会社に買い取ってもらいます。しかし、誰しも少しでも多く買ってほしいので、かなり節電意識が高まります。尚、固定価格買取制度により【10年】の売電単価を保証してくれます。

産業向けの特徴(10kw以上)投資タイプ
大きな住宅や倉庫・アパートなど向けですね。10kw以上あれば個人住宅も2012年7月1日より全量買取制度が適用されて産業向けの縛りになりました。ですから、個人住宅でも10kw以上の太陽光設備の導入に対しては、住宅用補助金制度は適用されません。
しかし、全量買取制度には発電したすべての電力を電力会社に買ってもらえる魅力があります。今、全量買取制度と20年の固定価格買取制度が大きなメリットとして話題になり、すごい人気が出ています。その理由は、発電した電力はすべて高値で売れるからです。そして使う電力は電力会社から安く買います。
すなわち、売る値段のほうが買う値段よりもはるかに高いからです。使う電気は電力会社から安く買い、発電した電力はすべて高値で売る!どちらかといえば投資タイプですね。しかも固定価格買取制度で【20年】に渡りの高い売電単価を保証してもらえるのですから、補助金をもらうより、はるかに投資の回収が有利です。全部売るといっても停電時には自立運転モードに切替えて昼間は非常用コンセントが使えますのでこの点も安心できます。

*買電単価は都道府県やその家庭の使用量により幅があります。

*10kw未満ののシステムでは余剰買取制度の選択肢しかありません。
 (補助金制度が適用されます。)

*10kw以上のシステムでは全量買取制度と余剰買取制度のどちらかを選択できます。
 (補助金制度は適用されません。)


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。