太陽光発電設備の導入成功へのカギは年間予想発電量です。

サイトマップ

TOP >太陽光発電設備 導入成功へのカギ

太陽光発電設備 発電シミュレーションをしましょう


目的に合ったモジュールを選びましょう
ソーラーパネルのことを太陽電池モジュールといいます。そのモジュールの選び方のコツは、小さめの住宅の屋根にはサイズの小さいモジュールがおすすめです。そして1枚あたりが高出力で高性能なものを選びましょう。高性能なものはやはり高価ですが、モジュールの使用枚数が少ないので、全体金額はそこそこでまとまりつつ、高出力を確保できます。
反対に大きい住宅や倉庫などの屋根は、モジュールサイズには拘らず、手頃な価格で品質の良いものを選びましょう。とにかく使用枚数が多くなるので高級品ですとシステム全体の金額がはね上がり、ローンの返済期間が長くなってしまいます。ハイグレードで高価過ぎてもダメですし、安価でも粗悪なものもトラブルが起こりうる可能性があるからダメです。

発電シミュレーションを理解し、年間予想発電量知りましょう
見積りは最低3社~5社はとりましょう。見積りには太陽光パネルの設置図面と発電シミュレーションのプレゼンボードがついてきます。電気に詳しくないと最初はとっつきの悪いものです。でも、この発電シミュレーションも見ているうちにだんだんわかってくるので大丈夫です。
ここで大切なのは年間予想発電量です。この年間予想発電量は、年間にいくら発電による収入ができるとか、月々に平均いくら売電できるから、どれくらいなら毎月のローンの返済に当てれるなどを算出していく大元のデータベースになります。
発電シミュレーションの詳細は、パネルを設置する屋根の方位、設置角度を統計的な日照量を季節性や地域性を加味して割り出してあります。ですから、事前に業者さんに提出する図面や情報は、精度の良い年間予想発電量を算出すためには、すごく大切なのです!

信頼のおける施工業者さんを選びましょう
自分に一番合った太陽光発電の発電シミュレーションや精度の良い年間予想発電量を提案してもらうことも大切ですが、太陽光設備の取り付けに手慣れていて屋根構造や屋根素材も熟知し、あらゆるケースに対応できる業者さんを選ぶことも大切です。もちろんそのようなきちんとした業者さんは事前調査もしっかりしており、既存の屋根の状態をきちんと説明してくれます。
具体的には修理やリフォームが必要なら、的確なアドバイスをしてくれます。太陽光設備以外に必要な費用のきちんとした説明ですね。理想は実際に取り付けしてくれるのは、地元業者さんがいいです。理由は万が一トラブルが起きた時にすぐに来てもらえるからです。

まとめ 以下の3つの要素が成功の秘訣で、どれが欠けても成功しません
■手頃な値段で品質の良いパネルを選ぶ
■信頼のおける工事店を選ぶ
■確かな保証を確認する


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。