太陽光発電のメリットデメリット

サイトマップ

TOP >太陽光発電 メリットデメリット

太陽光発電のメリット・デメリットは何か?


環境へのメリットは?
地球のCO2を削減できることで地球温暖化対策などの環境問題に大きく貢献ができます。そして、あなたの家庭や企業イメージもアップします。

経済的なメリットは?
一般の住宅向け太陽光発電システムの場合、昼間は発電した電力を使うので月々の電気代がグンと安くなります。さらに余った余剰電力は電力会社へ、いつも買うときの値段より高く売れます。また、J-PEC(国)と各自治体より補助金がでるメリットがあります。
一方、公称出力10kw以上の太陽光発電システムの場合は全量買取制度を選択できるので発電した電力はすべて高値で売れます。ですから、けっこう高額な不労収入ができます。
また、全量買取制度は会社や個人事業の設備投資とした場合、17年を目途に投資金額の100%を経費として減価償却できます。さらにグリーン投資減税制度もあり、企業や個人事業者向けの全量買取制度にはかなり大きなメリットがあります。

災害時のメリットは?
震災などの停電時でも太陽光発電システムが稼働できる状態にあれば、昼間は電気が使えます。通常は発電した電力をすべて売ってしまう全量買取制度の太陽光発電システムでも停電時には自立運転に切替え、昼間は非常用コンセントから電気が使えます。また、昼間発電した電力をバッテリーに充電すればもちろん夜間も使えます。

家屋に対してのメリットは?
紫外線から屋根を守り屋根の寿命が伸びます。また、パネルが屋根瓦への太陽熱を遮ることで屋根裏の温度は5°下がるなど断熱効果あります。そのためエアコンがよく利くようになり節電できます。金属屋根への設置では雨音が軽減されるなどの遮音効果があります。

経済的なデメリットは?
システム導入の初期投資がけっこう大きく、4kwに満たない小さな住宅用のシステムでは初期費用回収にかかる期間が長くなります。また、パワーコンデショナ―が保証期間の10年~15年以後に故障した場合、実費で修理しなければならないなどの出費があります。

家屋に対してのデメリットは?
極端な安売りで粗悪な施工業者の場合、工事がうまくいかずに雨漏りなどのトラブルが発生することがあります。この太陽光発電トラブルは実に多いと聞きます。また、古い屋根を修理しないで無理にソーラーパネルを設置した場合も同じことが起こる可能性があります。ソーラーパネルの配置によっては屋根の美観が損なわれるといった意見もあります。

災害時のデメリットは?
災害時に太陽光発電設備に被害がでた場合、一般的に災害保険では台風、火災などの自然災害には適用されますが、地震・火山・津波などで壊れた場合補償適用外になるデメリットがあります。これは保険会社や共済により補償内容が異なりますので、あらかじめ加入している保険会社に保険や共済の補償内容尋ねてみることを強くおすすめします。


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。