災害時の太陽光発電の被害修理には特約火災保険や共済の補償があります!

サイトマップ

TOP >特約火災保険・共済など

特約火災保険や共済の補償内容を把握しましょう


特約火災保険・共済など
家を購入するときに、住宅ローンを利用しますね。その中でも、住宅金融支援機構の融資を利用される方が多いのではないでしょうか?住宅金融支援機構とは、旧住宅金融公庫のことです。各種銀行が窓口になって、フラット35などの長期ローンを扱っている機構です。住宅金融支援機構では、融資を利用することを前提に、融資と同時に必然的に【住宅金融支援機構特約火災保険】に加入することになっています。
この【特約火災保険】は、素晴らしくお値打ちな保険で、補償内容も充実しており、頼りになる火災保険です。そして、その掛け金は、ローンの期間が35年なら35年分を25年なら25年分を最初の借り入れの時、すでに金融機関が保険会社に支払っています。つまり保険料は保険会社に【先払い】なのです。ですから、お値打ちになプランとなるのでしょう。
これに比べてローンの返済を終えた物件、つまり特約火災保険の期間が満了し、再び火災保険に加入するときや現金で家を買ったりした方は、通常の保険会社や共済事業団体が扱う一般的な火災保険や共済に加入することになります。これらの補償内容は、オプションを選べたりでバラエティーに飛んでいますが、ベーシックなものでは特約火災保険にかなり近い補償内容のものもあります。
どちらにしても太陽光発電システムを導入するに当たって、まだ火災保険に加入していないなら、補償内容をよく調べた上でこの機会に是非、加入されることを強くお奨めします。その際には、必ず「太陽光発電システムは補償対象ですか?」とお尋ねください。

太陽光発電システムも火災保険で補償してもらえます!全量買い取りでもOK!
さて、その特約火災保険ですが、万が一、災害が起こったとき、太陽光発電システムを補償してくれます。これは余剰買取でも、全量買取でも、家屋の屋根や付帯の車庫の屋根などに設置したものなどに対して、家屋と同様に補償があります。そして特約火災保険で補償してもらえる災害は、火事だけではありません。下記のような様々な災害に適用されます。
  1. 1.火災
  2. 2.落雷
  3. 3.破裂・爆発
  4. 4.建物外部からの物体の落下・飛来・衝突または倒壊
  5. 5.漏水などによる水漏れ
  6. 6.騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為
  7. 7.風災・雹災(ひょうさい)・雪災によるもので20万円以上の損害が出た場合
  8. 8.水災
    1. この中で、太陽光発電システムに一番支障を来たす可能性の高い自然災害は?
      火災はともかくとして…
      2.落雷
      4.建物外部からの物体の落下・飛来・衝突または倒壊
      7.風災・雹災(ひょうさい)・雪災、あたりではないでしょうか?
      例えば、大きな台風や竜巻・突風などで太陽光パネルや屋根が飛ばされた。あるいは、近隣の屋根瓦や看板が飛んできて、太陽光パネルが損傷した。これはもちろん補償の対象になります。
      また、近所で落雷があり、雷サージ電流でパワーコンデショナ―が壊れた。
      (エアコンや給湯器など家に設置されたシステムと同じ扱い。)これも補償の対象です。それから、冬場に大雪が降って太陽光パネルが壊れた。これも補償対象ですね。但し、補償してもらえる額面は契約している上限金額までです。
      例えば元々、家屋の保険の契約が2000万円だったとします。そして、今回の太陽光発電システムの導入で200万円の費用がかかったとします。保険の契約は敢えて増額しなくても2000万円までの被害に対しては補償してもらえます。
      しかし、言い換えれば、もし火災で家が全焼した場合でも、2000万円までしか補償してもらえません。確実に満額で再調達したいのであれば、2000万円+200万円=2200万円の契約に増額する必要があります。
      また、契約しているプランや保険の契約形態などにより、受け取れる保険金の額が異なる場合がありますので、太陽光発電システムを導入されるにあたり、加入されている保険会社や共済の団体に直接問い合わせて、補償内容を把握されることを強くお奨めします。
      そして、地震災害に関しましては、加入の地震保険の対象が建物の場合、建物の主要構造部(軸組・基礎・屋根・外壁等)の損害の程度に応じて認定され、主要構造部に該当しない部分のみ(ソーラーパネルのみに損害があった場合)の損害は補償の対象となりません。これは門や塀・給湯器など部分的な物に適用されないのと同じです。

*風災とは、台風・旋風・暴風・暴風雨等をいい、洪水・高潮等を除きます。

*雪災とは、豪雪・雪崩(なだれ)等をいい、融雪洪水を除きます。


- おすすめ太陽光発電見積りサイト -
見積りを取って価格と内容のバランスを比較検討しましょう!


産業用-1位 太陽光発電ガイドの紹介する太陽光パネルは一流メーカー製の既成品です。品質は高いにも関わらず量販店やメーカー直営店と比べ、中間マージンがない分、安く提供できると好評です。中立な立場で特定のメーカーに片寄らず、国内外の全メーカー販売店を紹介してくれるのが魅力ですね。

産業用-2位 産業用・法人専用の無料一括見積もりタイナビNEXTのサイトです。 小規模から大規模のメガソーラーを手掛けている優良企業140社以上が登録。産業向けの見積比較が容易にできるなど、10kw以上のシステム導入を考えるならタイナビネクストで無料一括見積もりがおすすめです。

一括見積り-1位 利用者数100万人突破!国内最大級の無料一括見積りサイトです。約1分の入力で、1度に最大5社に見積もり依頼ができて便利です。「100%ご納得できない場合はお断りください!」 しつこい営業が全くないとのことなので気楽に見積りが取れます。

一括見積り2位 アクティブな登録施工店の数は200社以上と業界No1!ここはしっかり見積りが届くのでユーザー満足度も非常に高いです。信頼できる登録施工業店を厳選しています。ユーザー様の太陽光発電設置に少しでもお力になれれば幸いですと書かれてるのが印象的です。

一括見積り3位 全国の120社以上の中から厳選した複数社の見積もりを無料で取ることができます。導入後のお客様の声を反映させているのが好印象です。比較ナビ見積もり隊ではしつこい営業販売を行う施工販売会社は登録を断っているそうなので問合せがしやすいです。